トライアルの活用

の20件ののうちするケースが5件以上になることもあれば2件以下のこともありますので、最初の結果をしたうえでするかどうかに検討していただけるのが・プログラムの特徴です。