トライアルの活用

後最初の20件ののうちするケースが5件以上になることもあれば2件以下のこともありますので、最初のを確認したうえでするかどうかに検討していただけるのがトライアル・プログラムの特徴です。